クラッチドア式高圧殺菌釜・複合材料硬化成形用オートクレーブ・加圧処理装置・生産設備 OEM・カスタムメイド
株式会社 羽生田鉄工所

初心を忘れずとは(歓迎会でした)

みなさまこんにちは



4月某日に

しく入社した4名と
3月に一足先に仲間入りをした1名を加えて



歓迎会をしました

昨年もこんなことあったなぁ…(遠い目)


社長からの挨拶もあり、宴会がはじまり…
実は金目鯛の船盛があったのです!!(撮り忘れました)


宴会風景




ひとりずつ挨拶(これも懐かしい…)


挨拶1



挨拶2



挨拶3



挨拶4



挨拶5

う、うなだれているっ……!!(1枚前から!)



挨拶6

そしてお兄様からのお言葉もあり……

ご兄弟で同じ会社というのは不思議なご縁ですね






挨拶7


お偉方からもご挨拶





みなさま…お気づきになられたでしょうか


背比べ


お…大きいっ!(確信)



社内トップの長身(自称)を誇っているFさんも

「おれもそろそろ世代交代かな……牛乳飲も

と悩ましげな表情を浮かべていました。(多分それ骨密度があがりますよ)



こういった場では違う部署の方とせるときでもあるので、しかったです

新入社員のみなさんもたくさんの人と話してみるといろいろな発見や新たな出会いがきっとあるはずっ…!



そして私も入社して1年が経ちました。社会人2年生です
初心を忘れず、毎日を過ごしたいと思いました




最後

目前にゴールデンウィークが近づいていますね
その頃にはもう『平成』が終わり『令和』がはじまります
う〜ん不思議な気分…


遠出する方はお怪我と交通事故にあわないようにお気を付けくださいね

それではみなさま、良いGWを!


以上、生産管理の関でした。


SBCテレビ「YES!ものづくり」に防爆試験装置が!?

ここ数日ブログ更新が頻繁な営業部の広瀬です。

こんにちは!

明日4月27日から5月6日まで、弊社はゴールデンウィーク休業となります。

長いお休みで皆さまには大変ご迷惑をお掛けいたします。

緊急時は弊社の代表電話にお電話いただければ、都度当番の電話番号が案内されますのでご連絡いただければと思います。



さて、皆さんはSBC(信越放送)の「YES!ものづくり」という番組をご存知ですか?

毎週月曜日 午後6:55〜 SBCテレビで放送中で、長野県のものづくりの最前線を伝える番組です。

先日、4月15日(月)の放送では、長野県飯田市にある国内唯一の航空機システム拠点「エス・バード」が取り上げられていました。

そうです、弊社が防爆試験装置の初号機を納めたところです。

4月15日の放送をご覧になった方、いらっしゃいますか?

弊社の防爆試験装置がメイン装置の一つとして取り上げられていました!

防爆試験装置については、製品ページおよび過去ブログもご参照ください。

 製品ページ: 航空機装備品用 防爆試験装置「H1E-1510-H(n)」

 過去ブログ: 「中小企業優秀新技術・新製品賞」で「優良賞」を受賞しました!
 過去ブログ: 第31回 中小企業優秀新技術・新製品賞で優良賞 受賞!〜贈賞式〜

SBCの Sai+(サイプラス)というサイトに、4月15日放送回の動画がUPされていましたので、見逃した方、長野県外の方はぜひこちらからご覧ください。

目印は羽生田鉄工所のこのロゴマーク!

羽生田ロゴ(背景白)


探してみてくださいね♪

第5回CFRP成形セミナー[エントリークラス]を開催いたします!

コンポジットセンターのワタナベです。

前回の3月には想定を上回るご参加をいただき、
好評いただいておりますCFRP成形セミナー。

実は・・・

6月13〜14日

第5回CFRP成形セミナー[エントリークラス]を開催することになりました!!!



前回セミナー終了直後に

「次いつやるの?羽生田さん!!」

というお問い合わせをいただきまして。

えーっと・・・。

うーんと・・・。

そうねー・・・。

では、やりましょう!

6月に!!

ということで、3か月の間を空けて開催することとなりました。

以下、前回のCFRP成形セミナーの様子です。

々峙蘇景1

⊆遜風景2


実習風景3

ぜ遜風景4

ゥートクレーブ取り出し風景5

Εートクレーブ取り出し風景6


-----------------------------------------------------------------------------------
近年、装置・機器の軽量化、それに伴うエネルギー使用量削減、製品の高付加価値化などを目的とし て、
CFRP(炭素繊維強化樹脂)の部材適用、既存材料との代替が、航空機や自動車、スポーツ用品をだけでなく、
広い分野で進められており、CFRP成形の参入、活用を検討される事業者の数も年々増加しています。
このような背景から、
CFRPのハードルを下げることを目的として、この度、

「CFRPに興味のある初学者、オートクレーブを使った成形を体験してみたいという方々」

を主な対象とした 「CFRP成形セミナー<エントリークラス>」を開催致します。 

■日時 令和元年6月13日(木)〜6月14日(金)2日間
※6月13日(木) 13:00受付 13:30開始 / 6月14日(金)15:00終了予定
■場所 株式会社羽生田鉄工所(長野県長野市柳原2433番地) 4F視聴覚室
■参加費 38,000円(税別)
※6月13日 19:00〜懇親会・2000円程度の予定
■内容
●実習:単純な形状の成形をオートクレーブを使って行います。
・CFRP成形作業の初歩的な概要(講義も含む)
・CFRPプリプレグ・副資材の積層作業、バギング、オートクレーブによるキュア、取り出し
●講義:「CFRPって何?」から始まり、機械特性、積層構成の考え方、繊維と樹脂それぞれの特性、分析・評価までみっちり行います。
・CFRPの実体を捉える(「CFRPとはどういうものか」、という概論)
・CFRP成形手段(オートクレーブを含め、どのような設備があって、目的に応じてどう選んだら良いか)
・CFRPの特徴(積層設計の導入、機械的特性等の物性、用途と絡めて「なぜ採用されるか」など)
・CFRPの樹脂特性と繊維特性(熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂、PAN系とピッチ系、機械的、化学的な面を含めて)
-----------------------------------------------------------------------------------

詳細は弊社HPの問い合わせフォーム(http://www.hanyuda.co.jp/contact/contact.html)よりお問い合わせいただきますよう、宜しくお願い致します。

それでは、皆様のお越しをお待ちしております

第31回 中小企業優秀新技術・新製品賞 優良賞 受賞!〜贈賞式〜

平成も残すところあと8日ですね。

昭和生まれ、平成育ち、働き盛りは令和で、リタイア後は何だろう??

先日ふと、4つか5つの元号を経験できる!と気付いた営業部の広瀬です。

こんにちは!

年齢がバレてしまうので、本題へ



前回のブログでもお知らせしましたが、弊社の新製品「航空機装備品用 防爆試験装置」が、公益財団法人りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社が共催する第31回中小企業優秀新技術・新製品賞で優良賞を受賞いたしました

防爆試験装置については前回のブログをご参照ください。
http://hanyuda.livedoor.biz/archives/2443402.html



 応募総数349件
 中小企業庁長官賞 1件
 優秀賞 11件
 優良賞 12件 ※羽生田鉄工所はココです!
 奨励賞 14件

開発段階では、FAA(米国連邦航空局)から委任された品質審査官(DER)の監修を受けながら進めたりと、初めての経験が多く苦労も多々ありました。

今回このような賞をいただけたことは、開発時の苦労が報われるようです。
※開発責任者である技術部長の気持ちを勝手に推察&代弁(笑)

防爆関連の専門家の方々にもたくさんのご指導を頂きました。

テストチャンバーでの爆発試験は爆轟を伴うため、近隣住民の皆さまのご理解を頂きながら開発を進めてきました。

地域の皆さまや多くの方の応援があってこそ頂けた賞と実感しております。

皆さま、本当にありがとうございました。

4月16日(火)に贈賞式があり、竹内専務が賞状を頂いてきましたので、受賞の様子はぜひ動画でご覧ください。


https://youtu.be/WOgQGMEWyZ0

立派なタテもいただきました。
IMG_3823

IMG_3821

この賞を励みに、今後もより良い製品作りに精進してまいります。

引き続き変わらぬご愛顧、何卒よろしくお願いいたします。

「中小企業優秀新技術・新製品賞」で「優良賞」を受賞しました!

こんにちは!営業部の広瀬です。


本日は、皆さまにビッグニュースをお届けいたします

 



4
月に入り、急に暖かくなったかと思えば冬に逆戻りで雪が降ったりと、なかなか安定しない天気が続いていますが、皆さまは体調など崩されていませんか?


長野市では
10日(水)に雪が降りましたが、今日は比較的暖かく、弊社の桜もだいぶ蕾が赤くなってきました。

もうすぐ開花です

なんだか気持ちもワクワクしてきます

 



そして、ワクワクするのは桜の開花だけではありません


なんと、昨年 南信州・飯田産業センター様に納入した航空機装備品用 防爆試験装置が、この度、第
31回「中小企業優秀新技術・新製品賞」にて「優良賞」を受賞いたしました


こちらのサイトに掲載されています

http://www.resona-fdn.or.jp/main/jigyou/shingijutu.html

 



日刊工業新聞で
4/9(火)に発表となりましたので、既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。


長野県のホームページにも載っていました

https://www.pref.nagano.lg.jp/mono/20190409yuuryousyou.html

 



こちらが防爆試験装置です

【元画像】メインチャンバー
【元画像】防爆試験装置
ところで、防爆試験装置ってなんぞや?って思いませんか?

航空機に装備される電動部品などは、爆発性ガスが充満しているところでも、ガスを誘爆しないで問題なく作動できることが求められます。

これを証明するための試験を行う装置が、弊社の防爆試験装置です。


なんと、民間航空機装備品用としては国内初の装置です。

今のところ国内メーカーに競合製品はありません。


昨年(
2018年)、国内唯一の航空機システム拠点「エス・バード」(南信州・飯田産業センター内工業技術試験研究所)に初号機を設置しました。

 



航空機は上空の高度
1万メートルを飛びますが、外気温は-50℃、気圧は地上の1/5になるそうです。

当然、装備される部品もこのような環境下での防爆性が求められます。


この装置では必要な温度や高度などの条件でガスを導入しテストしますが、すべての行程が自動で行えるようにプログラムされています。

この自動制御機能の搭載は、なんとびっくり世界初です。


他にも、大型サイレンサーを設置することで屋内で静かな運転が可能で、未燃焼のガスを処理する自動ガス処理装置やテスト中の画像分析ができるハイスピードカメラなども搭載されています。


もっと書きたいのですが書ききれないので、詳細は弊社のイプロスサイトでご確認ください

https://www.ipros.jp/product/detail/2000439528


 

「優良賞」受賞の贈賞式が4/16(火)に行われますので、当日の様子も羽生田ブログでアップできればなと思っています。

 



この装置は
FAA(米国連邦航空局)から委任された品質審査官(DER)の監修のもとで開発・製造・検収されたものであり、日本のメーカーとして米国の基準を満たしているものなので、既存設備の更新に加え、新規導入にも対応可能です。


航空機分野においては、油圧式が主流だったものが電動化していくという流れがあり、電動装備品の市場は広がっていくと予想されています。

そのような流れの中で、弊社の防爆試験装置が日本の航空機産業や信州の産業発展の一助となれば幸いです。

 

ほら、ワクワクしてきませんか (序盤のワクワクを無理やり回収します


Feed
記事検索
羽生田鉄工所のご紹介

dande2009