クラッチドア式高圧殺菌釜・複合材料硬化成形用オートクレーブ・加圧処理装置・生産設備 OEM・カスタムメイド
株式会社 羽生田鉄工所

「中小企業優秀新技術・新製品賞」で「優良賞」を受賞しました!

こんにちは!営業部の広瀬です。


本日は、皆さまにビッグニュースをお届けいたします

 



4
月に入り、急に暖かくなったかと思えば冬に逆戻りで雪が降ったりと、なかなか安定しない天気が続いていますが、皆さまは体調など崩されていませんか?


長野市では
10日(水)に雪が降りましたが、今日は比較的暖かく、弊社の桜もだいぶ蕾が赤くなってきました。

もうすぐ開花です

なんだか気持ちもワクワクしてきます

 



そして、ワクワクするのは桜の開花だけではありません


なんと、昨年 南信州・飯田産業センター様に納入した航空機装備品用 防爆試験装置が、この度、第
31回「中小企業優秀新技術・新製品賞」にて「優良賞」を受賞いたしました


こちらのサイトに掲載されています

http://www.resona-fdn.or.jp/main/jigyou/shingijutu.html

 



日刊工業新聞で
4/9(火)に発表となりましたので、既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。


長野県のホームページにも載っていました

https://www.pref.nagano.lg.jp/mono/20190409yuuryousyou.html

 



こちらが防爆試験装置です

【元画像】メインチャンバー
【元画像】防爆試験装置
ところで、防爆試験装置ってなんぞや?って思いませんか?

航空機に装備される電動部品などは、爆発性ガスが充満しているところでも、ガスを誘爆しないで問題なく作動できることが求められます。

これを証明するための試験を行う装置が、弊社の防爆試験装置です。


なんと、民間航空機装備品用としては国内初の装置です。

今のところ国内メーカーに競合製品はありません。


昨年(
2018年)、国内唯一の航空機システム拠点「エス・バード」(南信州・飯田産業センター内工業技術試験研究所)に初号機を設置しました。

 



航空機は上空の高度
1万メートルを飛びますが、外気温は-50℃、気圧は地上の1/5になるそうです。

当然、装備される部品もこのような環境下での防爆性が求められます。


この装置では必要な温度や高度などの条件でガスを導入しテストしますが、すべての行程が自動で行えるようにプログラムされています。

この自動制御機能の搭載は、なんとびっくり世界初です。


他にも、大型サイレンサーを設置することで屋内で静かな運転が可能で、未燃焼のガスを処理する自動ガス処理装置やテスト中の画像分析ができるハイスピードカメラなども搭載されています。


もっと書きたいのですが書ききれないので、詳細は弊社のイプロスサイトでご確認ください

https://www.ipros.jp/product/detail/2000439528


 

「優良賞」受賞の贈賞式が4/16(火)に行われますので、当日の様子も羽生田ブログでアップできればなと思っています。

 



この装置は
FAA(米国連邦航空局)から委任された品質審査官(DER)の監修のもとで開発・製造・検収されたものであり、日本のメーカーとして米国の基準を満たしているものなので、既存設備の更新に加え、新規導入にも対応可能です。


航空機分野においては、油圧式が主流だったものが電動化していくという流れがあり、電動装備品の市場は広がっていくと予想されています。

そのような流れの中で、弊社の防爆試験装置が日本の航空機産業や信州の産業発展の一助となれば幸いです。

 

ほら、ワクワクしてきませんか (序盤のワクワクを無理やり回収します


4月と言えば

4月1日新年号『令和』が発表された日、
当社に4名の「平成最後」の新入社員が入社いたしました

まずは、食堂での全体朝礼にて全社員へ自己紹介。
入社
緊張するよね〜

朝礼の後は、場所を移して入社式
IMG_0006

新入社員代表は清水君。
IMG_0007
紙を見ずに誓いの言葉を。
す、すごい、私はそんなに長い文章暗記できない💦
羽生田幹部の皆さんも驚いていました。

司会の私のミスなどもありつつ、
滞りなく(←司会のミスは滞りじゃないのか)入社式が終了。
恒例の集合写真です。
IMG_0012
なかなか上手にとれたかな。明るすぎか。
私のデジカメよりもっともっといいカメラを持っている社員が沢山いるから、令和2年入社式ではお願いしちゃおうかな〜!

午後は、長野県中小企業家同友会の合同入社式へ参加。
IMG_0018
後半のパネルディスカッションでは先輩社員の体験談やアドバイスをいただきました。
今後の社会人生活の参考にしてね!

今週は、各部がどんな仕事をやっているかなどの研修を受け、
来週10日からはいよいよ工場研修が始まります。
始めてのことだらけで頭がパンクしそうかもしれないけど、
分からないことは先輩社員に聞いて安全にケガのないように研修頑張ろう

以上、氷鉋でした。

CFRP成形セミナー<エントリークラス>を3月7日、8日で開催!

営業部の菅野(かんの)です。こんにちは。
本日は、先日開催しましたCFRP成形セミナーのご報告です。

弊社では、CFRPに興味のある初学者、オートクレーブを使った成形を体験したいという方々を主な対象とした「CFRP成形セミナー」を定期的に開催しております。
3月7日、8日に「CFRP成形セミナー<エントリークラス>」を長野県長野市の弊社本社ビルにて開催致しました。

当日は、日本全国からCFRP(炭素繊維強化プラスチック)のオートクレーブ成形に関心のある沢山のお客様にご来場いただきました。

<講義風景>

・CFRP成形作業の初歩的な概要の講義
々峙蘇景1


・CFRPプリプレグ、副資材の積層作業、バギングの実習
⊆遜風景2

実習風景3

ぜ遜風景4


・オートクレーブによるキュア(加熱硬化)、オートクレーブからの取り出し実習
ゥートクレーブ取り出し風景5

Εートクレーブ取り出し風景6
 


次回は 2019年6月上・中旬 に開催予定です!
詳細は改めて告知させていただきます!

また、オートクレーブや各種圧力容器導入のご相談に関しましては、随時受け付けておりますので、弊社ホームページのお問い合わせ欄、またはお電話(026-296-9221)にてお問い合わせ下さい。

信州は殻付落花生

こんにちは!たびたびの登場失礼します

技術部の小林です

最近急に暖かくなって、昨日(2/4)の気温はなんと最高気温10.7℃!!

最近で一番高い気温でした!

東京都は19℃と、もう春のような気温だったらしいですねΣ(´д`;)

東京からいらしたお客様はコート要らないとおっしゃられていました

立春に気温が10℃超えるって珍しいですよね(雪国だけかな…)

早く桜の咲く季節になってほしいものです



さて、立春といえばそう、  節分  ですね!

余談ではありますが…


皆様の地域では、節分といえば何の豆を投げますか?

大体の地域の方は[大豆]と答えるかと思います。

しかし、長野県の豆まきは一味違っていて、なんと[殻付落花生]を投げます!

何で落花生!?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、それにはちゃんと理由があります

長野といえば[雪国]という印象が強いと思います。

豆まきって、室内、屋外といろいろな場所に投げますよね

投げた後はみんなで拾い集めると思うのですがその際長野のような雪のある地域では

雪の上に散らばった小さい豆(大豆)を拾うことは結構至難の業です…。(というかめんどくさい)

殻付落花生は大きめなので雪の中から見つけやすく、

さらに、殻付ですと、投げた後拾って食べる際に衛生的

という理由から殻付落花生を投げます(信じるか信じないかはあなた次第!)

長野だけではなく、北海道、東北、鹿児島県や宮崎県でも殻付落花生を節分で使用するらしいですよ

節分は、地域性が出てとても面白いですね

さて、当社でも当日が日曜日なため2月2日(土)に豆まきを行いました!

豆2

余談で書いたように、当社も殻付落花生を投げますよ

豆7

まずは正面玄関!

豆11

豆12

すごく臨場感のある写真ですが倉庫周辺(ぶれてるだけ)

豆6

続いて第一工場

第一工場は近くにものが置かれていないので、皆さん本気で投げていました

豆9

楽しそうだなあ

豆8

鬼役の畔上部長

豆10

こちらは第二工場

さすがに車が近くにあるので投げ方は緩やかでした( ´_ゝ`)

豆をまき終わったらお楽しみのご飯タイム

豆4

こちらは揚げ餃子と揚げシュウマイ

豆3

こちらは海苔巻き各種

このほかおでん、お餅などを食べました!

お酒飲んだ人はいなかったと思いますが(私が見た限りでは)

こういった行事をやらない会社様や、そしてご家庭があると思いますが

こうやって上司、先輩に向けて硬い落花生を思いっきり投げつけることができるのは

ある意味仲の良い証拠なのかも知れませんね

では(。・ω・)ノ゙










第4回CFRP成形セミナー[エントリークラス]を開催します!

ご無沙汰しております。
営業部からコンポジットセンターに異動になったワタナベです。

この度、第4回CFRP成形セミナー[エントリークラス]を開催することになりました

以下、これまでのCFRP成形セミナーの様子です。

IMG_4188

IMG_8423

IMG_5774

IMG_5763

-----------------------------------------------------------------------------------
近年、装置・機器の軽量化、それに伴うエネルギー使用量削減、製品の高付加価値化などを目的とし て、
CFRP(炭素繊維強化樹脂)の部材適用、既存材料との代替が、航空機や自動車、スポーツ用品をだけでなく、
広い分野で進められており、CFRP成形の参入、活用を検討される事業者の数も年々増加しています。
このような背景から、
CFRPのハードルを下げることを目的として、この度、

「CFRPに興味のある初学者、オートクレーブを使った成形を体験してみたいという方々」

を主な対象とした 「CFRP成形セミナー<エントリークラス>」を開催致します。 

■日時 平成31年3月7日(木)〜3月8日(金)2日間
※3月7日(木) 13:00受付 13:30開始 / 3月8日(金)15:00終了予定
■場所 株式会社羽生田鉄工所(長野県長野市柳原2433番地) 4F視聴覚室
■参加費 38,000円(税別)
※3月7日 19:00〜懇親会・2000円程度の予定
■内容
●実習
・CFRP成形作業の初歩的な概要(講義も含む)
・CFRPプリプレグ、副資材の積層作業、バギング、オートクレーブによるキュア、取り出し
※形状は「コの字」形状、若しくは平板になります。
※作業指示書(日程・流れ)、使用材料表、積層構成表を使用して実施します。
●講義
・CFRPの実体を捉える(「CFRPとはどういうものか」、という概論)
・CFRP成形手段(オートクレーブを含め、どのような設備があって、目的に応じてどう選んだら良いか)
・CFRPの特徴(積層設計の導入、機械的特性等の物性、用途と絡めて「なぜ採用されるか」など)
・CFRPの樹脂特性と繊維特性(熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂、PAN系とピッチ系、機械的、化学的な面を含めて)
-----------------------------------------------------------------------------------

詳細は弊社HPの問い合わせフォーム(http://www.hanyuda.co.jp/contact/contact.html)よりお問い合わせいただくか、
強化プラスチック協会様のHP(http://jrps.or.jp/)に掲載されている案内をご覧いただきますよう、
宜しくお願い致します。

それでは、皆様のお越しをお待ちしております
Feed
記事検索
羽生田鉄工所のご紹介

dande2009