長野技能五輪が終了しましたが、その報告の前に表彰の話題を一つ…

今年5月に行われた第41回全日本ボイラー溶接士コンクールにおきまして、
製造部の坂田さんが、
被覆アーク溶接(中板の部)で日本ボイラ協会長賞を受賞いたしました

坂田さんと言えば
3年前の技能五輪かながわ大会に出場した選手でもあります
きっと、その経験が生かされて今回の受賞に繋がったのでしょう

そして、そのコンクールの表彰式が
10月26日に福岡国際会議場で開催された第50回全日本ボイラー大会の中で行われました

 
それでは、写真をご覧下さい。

会場入口で
DSC00034
 

堂々としています
IMGA0227

記念撮影中
IMGA0238


この授賞式の後、彼は翌日の技能五輪応援のため福岡から新幹線で長野へ帰ってきました
お疲れ様です

今年も、社内溶接コンクールも開催される予定です。
全国トップレベルの技術者が生まれるように頑張っていきましょう

以上、報告は氷鉋でした