クラッチドア式高圧殺菌釜・複合材料硬化成形用オートクレーブ・加圧処理装置・生産設備 OEM・カスタムメイド
株式会社 羽生田鉄工所

アーカイブ:「2010年04月」

2010国際ウェルディングショー&高校生溶接コンクールに行ってきました。


P4240970























こんにちは、総務のFranです。会社がお休みの24日(土)に、

4月21日〜24日まで、東京ビッグサイトで開催された、

『2010国際ウエルディングショー』に、溶接担当の渡邊係長、

小山くん、坂田くんと一緒に行ってきました。

これは、国内外の溶接関連メーカーが、新技術の紹介や

新製品、新素材の紹介、又全国コンクール入賞の優秀技能者

の溶接技術の実演コーナーなどが用意された展示会です。

担当の彼らは、何度か行ってるようですが、私は別の目的も

あって今回参加させてもらいました。(後述。。。。)

さて、会場ではコンパニオンの美女たちには、目もくれず

彼らは、ひたすら溶接展示見本を研究したり、優秀技能者の実演

に見入るのでした。 以下はその証拠写真です。

P4240982

とりわけ、今年の技能五輪(in かながわ)に出場予定の坂田くんは

かなり熱心にメーカーの担当者に、質問をぶつけている姿が

印象的でした。(いいね〜、頼もしいね〜)
P4241008

そんな訳で、お昼を食べるのも忘れて(結局、食べたけど)

充実した時間を過ごしたのでした。

さて、当日はこのショーの一角で『第1回関東甲信越高校生

溶接コンクール』が開催されたのです。実は、この取材が

私のもう一つの目的だったのです。

実は昨年の暮、中野立志館高校・機械科の宮原先生から

弊社に、コンクール参加者への溶接の技術指導の

依頼がありまして、弊社には卒業生も多く、社長も快諾

な訳で、渡邊係長と坂田くんが月に数回、高校生の指導に

行くこととなりました。 そんなご縁で、成績も心配だし

激励もかねて いってまいりました。    

出場したのは、いづれも機械部3年の作道くんと西原くん

の2名、緊張の中 午前10:30に開会式が行われました。

P4240991

7番は西原くんです。

P4240975

出場者は22名でした。

P4240974

P4240976

緊張の中、競技は11:00にスタートしました。

P4241005

22名中、女子選手が3名とこんなところにも、少し時代を感じたのですが、

P4241009

↑ 緊張の中、頑張る西原くんです。

P4241017

↑同じく、健闘の作道くんです。

なんと、優勝したのは ↓ 茨城県の女の子でした。

P4241015


結果はというと、作道くんは優良賞で入賞、西原くんは残念ながら

入賞はしませんでしたが、よくできてたと思います。2人とも、よく

頑張った  後ろから1位と2位だったらどうしようと、気が

気でなかった宮原先生、滝沢先生 お疲れさまでした。 見事に

結果がでてよかったですね。 

弊社としても、『羽生田、何教えてんだ!』と叱られなくて、済み

そうな結果で よかったよかった。

何度も指導に行ってくれた、坂田くんご苦労さんでした。 

↓ 競技終了後、関係者みんなでとった写真です。

P4241019

ちなみに、2人の作品は↓7が西原くん、15が作道くんです。

P4241025

P4241024

溶接に情熱を燃やす、若い人たちが続々と羽生田に入社してくれる

ことを願うばかりです。

ちなみに、27日(火)には、宮原先生と二人の生徒さんが

お礼にと 弊社を訪れてくださいました。

また、28日(水)の信濃毎日新聞・朝刊でこのコンクールの件

は、掲載されておりますので、またご覧ください。

P4281032
  

以上 今回の報告は : 総務 Fran でした。

 

 

 

 

 

 

 

アルゼンチンワインの夕べ

前回の「お花見&春の豊漁祭り」が大好評のようで、とっても嬉しい営業部の岡部です
こんにちは

メールで"おもしろいです"とのコメントまでいただき、
本当にありがとうございます

これからも皆さんに楽しんで読んでいただけるよう、
羽生田の楽しいイベントや な情報をUPしていきますので、
これからもどうぞよろしくお願いいたします

ご意見、ご感想などあれば是非コメントに一言お願いいたします

"おもしろい" "つまらない" 何でもです



さて、昨日20日の夜に "21世紀ニュービジネス協議会"様の主催で
"アルゼンチンワインの夕べ"というイベントがありました

社内英会話教室に参加しているという御縁で羽生田社長に声をかけていただき、
社長と、女性陣4名で英語の上達具合を実践するべく()参加させていだきました

ドレスコード(青色を身に付けること)のあるパーティは、
女性陣は皆初めてで、私も ドキドキ わくわく で行って参りました

会場はTHE FUJIYA GOHONJIN様で、長野では歴史のあるホテルです

最近 リニューアルしたようで、とってもキレイでおしゃれでした

こんな素敵な所へデートに誘ってくださる方、いないでしょうか(笑)

それはさておき、パーティにはアルゼンチン大使:ダニエル・アダン・ポルスキ氏も
招かれておりました

アルゼンチンはスペイン語なので、当然大使もスペイン語を話します

もちろん英語も話すので、私もちょっぴり勇気を出して話しかけてみたのですが・・・

やっぱり会話が続きません

でも大丈夫

弊社にはスペイン語がペラペラな女史がいるのです

学生時代はスペイン語を専攻していた彼女は、
すかさずスペイン語で大使と言葉のキャッチボールをしておりました

勝山女史、入社2年目ながらさすがであります

そんな彼女のおかげで大使と写真を撮ることができました IMG_4088
大使は、英語がたどたどしい私にもとっても優しかったです

ところで、ワインの夕べという名の通り、会場には美味しいアルゼンチンワインがたくさんありました IMG_4079
私はワインには詳しくないので、好みを伝えて"お薦め"を飲んでみましたが
これがと〜っても美味しかったのです

マスカットのワインだったのですが、甘くて口の中でとろける様な感じでした

アルゼンチンはワインを始め、食品の生産や輸出がとっても盛んな国だそうです

郷土料理もたくさんあり、こちらはその1つ
"エンパナーダ"というアルゼンチン風ミートパイです IMG_4072
揚げたものと、焼いたものがあり、両方いただきましたがどっちも美味しい

パーティーの中盤には、本場のダンサーによるアルゼンチンタンゴもあり
なんだか普段の生活から想像もできない夢の時間を過ごしているようでした

アルゼンチンタンゴはとっても情熱的なダンスで有名で、
1度は生で見てみたいなと思っていたのでとっても幸せです

このセクシーさ たまりませんっ IMG_4075

IMG_4087
たまらずダンサーの方と写真を撮らせていただきました IMG_4089
他にもいろんな企業の方が出席されていて、会場はかなり密集地帯でしたが、
日頃お世話になっている企業の方もいて、食べて飲んでお話をしているうちに、
あっという間にパーティも終わってしまいました

少しでしたが大使とお話ができたこと、英語を話す機会を与えてくださったこと
社長、ありがとうございます

Thank you for taking us to this party

でも、まだまだ英語の修行が足りないと実感しました

精進あるのみですね 頑張ります

お花見&春の豊漁祭り

こんにちは、営業部の岡部です

長野は桜満開 春爛漫です

先週末に咲き始めた桜 はこの1週間の異例の寒さでしっかり長持ちしています

会社の桜も咲きました

IMGP2086


















弊社のお花見はまだ桜も蕾の4月9日に、桜の名所100選の1つ
「須坂臥竜公園」で行いました

桜の花は咲いていませんでしたが、私が羽生田の花になるべく
意気込んで参加して参りましたぁ

今年は女性陣の都合が悪く、なぜか紅一点だったのであります

"紅"というと全社員からツッこまれそうですが…

さて、今回は私の故郷・秋田のお酒「刈穂大吟醸」を手に入れたので
皆さんに飲んでいただきました

刈穂大吟醸の中でも、醸造アルコールを使用していない生のお酒なのだそうです

しかも、冬の時期にしか作れない特別なお酒だとか

ワインのようなまろやかな味わいで、とっても飲みやすいですが、結構酔います

羽生田の大酒豪方に喜んで飲んでもらえたので良かったですが、
やられた人も何人かおりました

かくいう私もその一人で…

もうお気づきでしょうが、そのため写真が全然ないのです

ごめんなさい

そんな楽しいお花見は羽生田の春の風物詩

新入社員を迎え「気持ちも新たに頑張ろう」という気持ちにさせてくれる
大切な行事なのであります





さて、ここ数回のブログで写真撮影に失敗している私ですが、
リベンジするべく、大きなイベントの撮影に臨んでまいりましたよ

ジャジャーン 羽生田豊漁祭り〜

弊社には「海釣り愛好会」があるのを御存じですか

年に数回、いえいえ数十回

釣り好きの勇士で船に乗って沖へ出ています

今回は私も含めて総勢12名で船を貸切り、マダイの大物を目指して出港してきました

羽生田"釣り四天王"のひとり 山崎前工場長も参加です

4月18日(日)の午前3時

眠気眼を擦りながら会社へ集合し直江津港へ向けて出発

エサや朝食を購入し港へ着くと、早速準備開始
IMGP2052


















まだ日も昇りきらない暗がりの中で、みんなせっせと作業をしています

さすが山崎前工場長、手慣れております
IMGP2053


















竿を伸ばして、固定して… みんな張り切ってますね
IMGP2055


















そしていざ出発

船が動く様子はMOVIEでご覧ください


う〜ん 天気は快晴 波も穏やか

絶好の釣り日より〜

と、思ったのは港湾の中だけで、湾の外はとんでもない大波

遊園地で絶叫マシーンに乗れない私は一瞬で顔面蒼白状態だったと思います

正直とっても怖かった…

転覆した後の助かる方法を必死で考えていました

そんな荒波でも釣りは決行です

他にも10艘ぐらいの船が"こんなの当たり前"ぐらいの勢いで、
荒波に負けずに漂っておりました

海の男たちは偉大でした

そして、羽生田の船はというと、12名のうち最終的には半分の6名が人間こませ係に

その内、私と私の同期のTくんは一度も竿を降ろさずに終わりました(苦笑)

Tくんに至っては、集合時間に起きるというハプニングに見舞われ、
寝ぼけていたのか竿をセットする時に、
糸を全部出してしまうというハプニングにも見舞われ、
回収して修復している間に、大波に襲われて早々とこませ係に転向してしまったという
ある意味強運の持ち主であります

そんな状態ではありましたが、開始数分で竹内取締役がマダイを釣り上げ
手を叩いて喜んだものの… を構える余裕は私にはありませんでした

その後も竹内取締役は次々と大物を釣り上げ
山崎前工場長もマダイを釣り イナダはウソみたいに大漁で
絶好の撮影シーンが満載でしたが…
私の釣り場所は竹内取締役の隣で、絶好の撮影ポジションでもありましたが…

ごめんなさーいっ 

でも、わかってください、船酔いの苦しさをっ

それにしても羽生田の男たちは偉大でした

「この波はやばい」と言いながらも、前から流れてくるこませの影響もあってか
イナダをたっぷり釣り上げていた製造部の坂田さんと大井くん

船酔いしながらも釣りをする製造部の小林さん、浦野さん、営業部の外谷さん

とっても根性のあるお3方です

酔ってぐったりしていても笑顔を忘れない技術部の中島さん
その笑顔でワラサぐらい大きいイナダを釣りあてておりました

1日でこれだけハプニングを起こす人も珍しい、技術部の小林くん

そして、船酔いという言葉を知らない"釣り四天王"は流石です

ぐわんぐわん揺れているのに、何食わぬ顔で仕掛けを作っている竹内取締役

そんな状況下で船の上を堂々と歩きまわる柴本営業部長

隣で船酔いしている人の竿まで面倒みていた畔上総務課長

自分のマダイを横取りしようとしたAさんを笑って見ている山崎前工場長
(結局Aさんは横取りしようとしたマダイに指を齧られていましたが笑)

さすが四天王です いつでも冷静です

とってもたくましく、とってもてかっこ良かったです

そして、本日1番の大物"マダイ1.9kg"を釣り上げたのは竹内取締役でした
IMGP2065

































帰社後、釣った魚を分配しこのマダイをGETしたのは小林さん
IMGP2076


















大きいですよね

そして今回どれだけ釣れたかというと…

マダイ6匹
イナダ41匹
なぜか(笑)アジ1匹

ジャジャーン 見てくださいこの魚たち
このほとんどを、とても半数の6名が釣ったとは思えません(笑)
IMGP2071

































たちと一緒に上空から 釣り好きの勇士です
IMGP2073

































こうして見るとやっぱり大漁だったと思います

さて、船上では何もできなかった私も分配では
ちゃっかりマダイを含め7匹もいただいてしまいました

帰宅前にスーパーへ行き、マダイと大きなイナダはお造りにしてもらいました
IMGP2078


















そしてこの5匹のイナダたちは昨日のうちに私の手で捌かれました
IMGP2084


















午前の船酔いもあってか、5匹も捌くと疲れきってしまって19時頃にダウンしてしまったので
まだマダイもイナダも食べていません

私は今夜 美味しくいただかせていただきます

私は初参加の上、道具の準備も全てしていただいたのに、
役目の撮影さえ満足に果たせないという大失態でしたが、
なぜでしょう
船酔いに5時間耐え抜いたという不思議な達成感で胸がいっぱいです

皆が釣っている姿を見て、やっぱり私も釣りたくなりました

大海原の船上でもっと写真を撮りたいですし、"がもう少し穏やかなら"
また次回も参加させていただきたいです

これからの季節は波も穏やかになるそうですから、
皆さんも是非海へ出てみてください

ちなみに、今回は風速10mの風のため大波でしたが、
秋のブリ釣りでは当たり前(序ノ口)ぐらいの波だそうです

そう思うと、やっぱり海の男たちは偉大ですねぇ〜


以上、春イベントのご報告でした

そうです。入社式です!

羽生田きってのライターであります

営業部の岡部女史に先を打たれ、ちょっぴりあせって

おります総務のFran こと 畔上であります。v( ̄∇ ̄)v

4月といえば、やはり入社式で始まる訳で

今年も何とか行えることとなりました。

当社もやはり採用規模は縮小で、今年は1名のみの入社となりました。

その分、近年にない大型新人との呼び声も高い白川君の登場です。

P4010934
   上の写真は新入社員代表(当然ながら)で


上の写真は、新入社員代表として(当然といえば当然ですが)誓いの言葉を

述べる白川君であります。


P4010936
   ****************


これまた、恒例の役員・管理職のみなさんと一緒に記念撮影で

あります。 同期がいなくて、少し可哀想な白川君ですが、工事・メンテナンス部に

中学の同級生だという、井上陽太郎君もいることですので、寂しさ

も半減です。/ 若い人たち盛り上げてってね

午後は例によって、ホテル信濃路での中小企業家同友会の合同入社式に出席を

いたしました。いづれの会社も、業況の厳しい中で

採用した今年の新入社員には大きな期待が掛けられているようです。

P4010951
    *****************

学生時代は、CFRPの成形等に明け暮れたという白川君、会社としても

期待するところですが、世間の荒波に負けることなく、

あせらずじっくりと育ってほしいと願うのでした。

総務 : Fran でした。




新年度です

春です 新年度です 模様替えです

こんにちは、営業部の岡部です

だいぶ暖かくなってきましたね

春は新しいことが始まる季節です

羽生田鉄工所でもフレッシュなことがたくさんあります




まずは新入社員 今年もフレッシュマンが入りました

日本を代表する某ハリウッドスターに似ています
(と、私は思っています

彼については後日、総務の畔上課長からご紹介があると思いますので、お楽しみに




2つ目は模様替え そして引っ越しです

羽生田ビルは5F建てで、その3Fフロアをちょっぴり改造しました

これまで、営業部と技術部が3Fの隣同士の部屋に居を構えていましたが、
なんと 2部屋を遮っていた壁を取り払い、広〜いフロアを構築してみました

そして、これまで4Fに居を構えていた研究開発部が3Fへお引越し

はぃ、現在引越し真っ最中です

3Fが賑やかになりました

そして各部署の連携と団結がより一層強まることでしょう

う〜ん、これからが楽しみです

個人的には各部屋に1人、2人ずつしかいなかった女性陣が、
3Fに4人揃うのでこれもまた楽しみの一つであります




3つ目は「この季節、待ってました」と言いたいことです

そう、お花見です

今年も組合主催のお花見が、4月9日、須坂市臥竜公園にて開催されます

不景気を吹っ飛ばす勢いの羽生田大宴会 が今年も行われます

写真付でたっぷりとご報告いたしますので、次回もお楽しみに
Feed
記事検索
羽生田鉄工所のご紹介