クラッチドア式高圧殺菌釜・複合材料硬化成形用オートクレーブ・加圧処理装置・生産設備 OEM・カスタムメイド
株式会社 羽生田鉄工所

アーカイブ:「2012年03月」

ロシアに行ってきました。

318日から21日まで、モスクワ、その南部のカルーガ州と訪問してきました。

今回は、ROTOBO(社団法人ロシアNIS貿易会)様のご尽力により、複合材関連企業、小型航空機関係者等によるビジネスマッチング・コンサルティング事業として、ロシアのTK&T社による小型航空機製造事業関係者との会合、同社とともにカルーガ州政府への訪問、同州の工場建設予定地の視察を行ってきました。

 

<写真1>

無題
3
18日 4時間遅れのフライトとなり、到着は現地時間の夜12時頃でした。

 

<写真2>
無題2

319日 TK&T社とのミーティングの様子

一日かけて様々なディスカッションが行われました。

 

<写真3>

無題3
ズドラーストヴィチェ。

弊社のプレゼンでもご質問、ご意見を頂きました。

スパスィーバ!


<写真4>

無題4
そのままのメンバーで夕食。夜遅くまでディスカッションは続きます。

<写真5>

無題5
3
20日 カルーガ州に移動

郊外のホテルは周囲が森に囲まれ、長野に帰ってきたかのような、一面雪景色でした。

<写真6>
無題6

カルーガ州政府で副知事他と面談

カルーガ州には、日本からは三菱自動車が進出しています。

<写真7>

無題7無題8
3
21日 工場予定地、および試作機体組み立て工場跡の見学をしました。

600ha超の敷地に飛行場付きの工場を予定しているそうです。

 

今回は、ROTOBOの岡田部長をはじめ、様々な方にお世話になりました。本当にありがとうございました。

当社の製品群にとって、今回の訪問を通じロシア市場が有望であるという印象を受けました。素晴らしい機会を与えていただいた皆様に改めて感謝いたします。

ボウリング大会開催報告

久しぶりの登場、氷鉋です。

白川君が、更新したら…といっていたら、営業部、開発課のブログがアップされていて焦って更新しております

3月も後、数日。
新入社員を迎える準備も着々と進んでいます
研修風景はきっと誰かが更新してくれるでしょう。(…私かな

今回の報告は第3回ボウリング大会です。
今回は、会社がお休みの土曜日に開催されたので、参加者は前回よりも少ないのかな、、、
と思っていましたが、意外に大勢参加して、9チームも出来ました。

いつものように、私はあまりを撮っていないので、写真は少なめです。(…2枚しかなかった
DSC01722
DSC01724

第2回のご報告にも書きましたが、今回の大会は個人にもハンデがつき
誰でも優勝の可能性があったので、私も優勝できるかもと思っていましたが、全然ダメダメでした

激しい戦い?の後は、2次会会場へ移動
今回は、焼き鳥屋さんでした

2次会会場で表彰式があったのですが、大分前のことなので、どこのチームが優勝したのか忘れてしまいました…
後で確認します
個人戦での優勝は、依田部長でした

なんと私も賞をもらってしまいました!!
 位で
次回の大会はいつ開催なのかは分かりませんが、優勝目指してガンバルゾ

2012.2.28~29 Workshop in Hong Kong

こんにちは技術部開発課の勝山です

今回は、2月28日、29日の2日間、香港で行われました、
Hong Kong Productivity Council主催(商工会議所みたいなもの)の
複合材料と成形方法に関してのワークショップにプレゼンターとして参加して参りましたので、簡単にご報告いたします

IMG_8351

今回のワークショップは、M社の柳原様が、直接HKPCよりWorkshopを開いてほしいとの依頼を受け、弊社にもお声掛けいただき参加させて頂きました

参加者は約15名で、今後複合材料での事業展開を目指す方々でした

IMG_8266




複合材料、成形方法、技術面でスペシャリストの柳原様や、山口様のプレゼンの合間に

IMG_8270

IMG_8430



弊社は、約1時間香港の企業様向けに会社紹介と、製品紹介の時間を頂きました

勝山02

私の拙い英語で、どれだけ理解して頂けたかは、不安なところではありますが、
無事に紹介は終わりました

勝山01

香港岩谷様にもお手伝いいただきました本当にありがとうございました
IMG_8282

プレゼン中、参加者からの積極的な質問や、製品を直に見て、触ってかなりみなさん興味津津でした

IMG_8372
IMG_8378



2日間のWorkshop参加者で集合写真今後、皆さんとお仕事でご一緒できればいぃな

IMG_8446

最後は、プレゼンターの皆さんと

@HKPC

プレゼンターとして参加させて頂きましたが、最先端の技術や製品についても知ることができた
とっても充実したWorkshopになりました

以上、香港Workshopの報告でした

本丸の陥落!!

昨年来、社内で 5S推進活動☆彡 を全社を挙げて取り組んで来ました。

”難攻不落” と称されて来た我が営業部ですが、本日部内で 一斉改善作業 を実施しました。

実施に至るまで、まさに ”紆余曲折” いろいろありました...(-_-)

”内外の抵抗勢力” に阻まれながらも、やっとこの日を迎えた訳です...ヽ(^o^)丿

営業部 5S 改善実施(H24.3.17) 009



その中でも ”本丸”  と言われ続けた 伝説の兵(つわもの)M課長 ♪ ですが、なんと自ら率先して取り組む 想定外の展開 に思わず感動...(^_-)-☆      
               ※ ↓ この人です!!(*左奥は社長様です)

営業部 5S 改善実施(H24.3.17) 024 



不要になった ”ウン10年物のファイルの山” を束ねて見てビックリ!!...(>_<)
                ※ ↓ これです!これ!

営業部 5S 改善実施(H24.3.17) 021



今後も、時として ”嫌われ者” にならなければなりませんが、 推進委員 として邁進しようと思います!!

でも、いつまで続くかな...m(__)m


以上、 ”5S推進特命係長T” でした...(^.^)/~~~





宇宙へ。。。。。 それから。。

羽生田ブログをご覧の皆さまこんにちは  開発課の白川です。

三寒四温の続くこの頃ですが、皆さまは体調など崩されておりませんか?

さて、今回は三寒四温どころか上は120℃から下は-150℃くらいの宇宙のお話です。


先日のブログで弊社マグロさんより 紹介がありましたが、

H-Aロケットで打ち上げ予定の人工衛星『GPM』のピギーパックとして宇宙に

送り出されます、信州大学さまの『可視光通信実験衛星』に、我々羽生田鉄工所も

協力させていただけることとなりました。

今回の相乗り衛星を少しご紹介させて頂きますと、40僖ラスの超小型衛星に分類されるものです。


実際に宇宙で行うミッションとしては人の目に見える光による宇宙ー地上間での

『可視光通信』を目指して鋭意開発中です。

信大衛星モック2

 提供:信州大学 中島・酒匂研究室


う〜ん。。。

可視光通信って、、、あまり聞き慣れませんよね。


みなさんも携帯電話の番号やカメラで撮った写真を、赤外線通信機能を使って

お友達に教えたことはありませんか? 

あの携帯電話の赤外線発信部と受信部  を近づけて、、、送信 ぽちっとな


って番号や写真を送った事あるかと思います。



ここで使われている赤外線って読んで字の如し、赤色の外側の波長を使っているん

ですよね。 人の目ではみられない色の光を使っているんです。


ということはですよ。

普段 私達に見えている光にも、携帯電話の番号や写真のような

情報を乗せて送ることができるんですね

す、すごい・・・


それを宇宙と地上で通信実験しようという先進的な人工衛星なんです。

う〜ん。そんなすごいことに参加させていただけるなんて素敵ですね。

そしてわれわれ羽生田鉄工所が協力させていただくのは、人工衛星の番外側で

太陽電池を支え、中の機器を守る側面パネルをCFRPにて製作させていただくことになりました。



P2201343

 信州大学ものづくり振興会 様主催  信州大学ものづくり振興会 技術講演会にて


な〜んだ、ただの板なんでしょ なんて思ってもらっては困ります。

打上げ時の振動や音響、ロケットから切り離される瞬間の衝撃、またミッションを

行う宇宙環境に耐えられるなどなど。 幾多の条件をクリアしないとは出ません。

それだけ宇宙って厳しいんですよね

運用終了まで耐えられるものを制作するために信州大学の学生さまと現在

一生懸命進めております。


ここで培った技術は我々の製品にフィードバックされていきます。

確かな技術で世界へ。

新たな躍進で宇宙へ。

よりよいものを皆さまに提供できるよう努力していきます。


そして、この人工衛星が打ちあがったら夜空に1つ光る星が増えることとなります。

その光を支えるたくさんの人の頑張りがあって

その光にはたくさんのメッセージが乗せられていることを思いながら星空を見上げて

いただければと思います。



以上 開発課 白川 でした。


 




Feed
記事検索
羽生田鉄工所のご紹介