クラッチドア式高圧殺菌釜・複合材料硬化成形用オートクレーブ・加圧処理装置・生産設備 OEM・カスタムメイド
株式会社 羽生田鉄工所

アーカイブ:「2013年01月」

長野市ボブスレー・リュージュパークに行って来ました。


羽生田ブログをご覧の皆様こんにちは
毎度おなじみでもない白川です
ここ最近、テレビや新聞に出させていただく機会が何度かありまして、お客様から見たよと声をかけられることが多くなりましたお恥ずかしい限りですが、弊社の宣伝にはなったのでしょうか


さて、話は変わりまして、先週の日曜日1月27日にとある場所へ行って参りました。
下の写真を見てどこだか分かる人はいらっしゃいますでしょうか


DSC_0198
雪に埋もれて半分読めない看板。。。もう答え書いてあるじゃないですか。。。

DSC_0201
男心くすぐるかっこいい電光掲示板オリンピックマークかっこいい


そうなんです長野が世界に誇る氷上ソリ競技用コース
その名もスパイラル(エコー強め)


とは申しましても、私は初めて足を運びました
長野市さんこんな立派な施設があるのにごめんなさい


はてさて、なぜここに来たのかと申しますと、長野高専の長坂研究室と共同研究で『スケルトン』用ソリを作製しまして、そのソリが長野県選手権大会で使われたのです

我々羽生田鉄工所が担当しましたのは一番外側のカウル部分で、滑走中のソリに大きな影響を与える部分なんですねCFRPを使用しています
長野高専の学生さんと一緒に弊社のオートクレーブ『銀次郎』で成形しました 

そして、学生さんの汗と涙の結晶のソリを駆るのは松原達郎選手です
松原選手は加工から滑走まで我々や学生さんと一緒に練習の合間を縫ってがんばってくださいました
やはり実際に使う方がいると細かいところにも目が向きますね
とっても情熱的な方です


DSC_0209
左から長野高専の竹把さん、松原選手、白川

sori

汗と涙の結晶のソリがこちら。もうすぐ滑走ドキドキ

DSC_0207

羽生田鉄工所の名前を入れてくださった松原選手に感謝ですありがとうございます
豪太社長も海外出張の直前ですが応援に駆けつけました
松原選手がんばって

IMG_2048

滑走中の松原選手
氷上スレスレを頭を前にして時速130km近いスピードで疾走する選手を写真に撮るのは難しいんです
スピード感が伝わらないのが残念


大会の結果は残念ながら4位と表彰台を逃してしまいましたが、昨年に使用していたソリよりも、1秒以上タイムが縮まる結果とのこと
タイム短縮は選手の努力が一番大きいと思いますが、学生が頑張ってつくったソリも結果に貢献できているのではないでしょうか
また、今回できなかったことや、わかったことを来シーズンのソリ製作に生かして、松原選手には是非活躍してほしいですね
こんな素晴らしい機会を弊社に与えてくださった長坂先生や学生さん、松原選手、協力企業様に感謝です

残念ながら今シーズンは終わってしまいましたが、今年末からの次シーズンにスケルトン(特に松原選手)をぜひ見に行きましょう次回はもうちょっといい写真が撮れますように。。。


以上、報告は白川でした。

アベノミクス

大寒が過ぎても寒い日が続きますね

世間ではインフルエンザも流行り出し、ノロウィルスとのWパンチという方も大勢いらっしゃるようです

皆様はお変りございませんか

私事ですが、先週は息子が40度超えの高熱を出し、インフルエンザかと焦ってしまいましたが、突発性発疹でした

さてさて、最近のニュースは「アベノミクス」の話題ばかりですね

年明けから「今年は景気が良くなるかも・・・」という言葉を良く聞きます

世の中の景気が良くなり、設備投資が増えれば私たち製造業は願ったり叶ったりです

ですが、建設業界で働く友人がこんなことを話していました

「景気回復の第一手が公共事業の増加だとしても、建設業界では職人が減っているから、仕事が増えても担い手がいない。」

これは建設業界だけではなく、製造業も同じではないでしょうか

弊社のような溶接や、加工を主とする会社にとっては、長年培われてきた技術と経験が大事です

技術の向上には数年掛かりですが、熟練職人はどんどん定年を迎えていきます

どの業界でも技術の伝達というのはとっても難しいことなのですね

弊社でも溶接コンクールを行って社内技術の向上を図ったり、社外コンクールに出場することで更なるレベルアップを目指したりしていますが、これに甘んじることなく、皆様によりよい製品を提供できるよう日々精進していかなければ、と改めて感じました

そして、景気回復の期待が、ただの期待で終わらないことを願いたいですね

広瀬でした

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます

本年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます

さて、昨日からの爆弾低気圧の影響で、今朝の長野市内は大渋滞でした

門前町である長野市内は広い幹線道路が少なく狭い小路が多いので、ほとんどの通勤路には除雪車は入れません

雪質も若干湿った重たい雪なので、轍を外れると足をとられます

何度も恐い思いをしながら、いつもは10分の道のりを今日は30分掛けて出勤しました

中には1時間以上もノロノロ運転にはまった人もいるようです

男性社員は朝から自宅の雪かきをし、出勤後も会社の駐車場や玄関前の雪かきでひと汗(いえ、ふた汗(笑))流していたので今日はさぞお疲れでしょう

遅刻者も続出で毎朝の体操も中止

6時出発で山梨の現場工事に向った部隊は雪による通行止めのために途中帰還してきたり、朝からバタバタの羽生田鉄工所です

今は雪も止み、気温が高くなって道路の雪は若干溶けていますが、今度は溶けた雪が凍るのでこの後も注意が必要です

弊社へお越しのお客様、近辺にお越しの皆さま、帰宅の際もくれぐれもご注意を

広瀬でした
Feed
記事検索
羽生田鉄工所のご紹介