コンポジットセンターのワタナベです。

前回の3月には想定を上回るご参加をいただき、
好評いただいておりますCFRP成形セミナー。

実は・・・

6月13〜14日

第5回CFRP成形セミナー[エントリークラス]を開催することになりました!!!



前回セミナー終了直後に

「次いつやるの?羽生田さん!!」

というお問い合わせをいただきまして。

えーっと・・・。

うーんと・・・。

そうねー・・・。

では、やりましょう!

6月に!!

ということで、3か月の間を空けて開催することとなりました。

以下、前回のCFRP成形セミナーの様子です。

々峙蘇景1

⊆遜風景2


実習風景3

ぜ遜風景4

ゥートクレーブ取り出し風景5

Εートクレーブ取り出し風景6


-----------------------------------------------------------------------------------
近年、装置・機器の軽量化、それに伴うエネルギー使用量削減、製品の高付加価値化などを目的とし て、
CFRP(炭素繊維強化樹脂)の部材適用、既存材料との代替が、航空機や自動車、スポーツ用品をだけでなく、
広い分野で進められており、CFRP成形の参入、活用を検討される事業者の数も年々増加しています。
このような背景から、
CFRPのハードルを下げることを目的として、この度、

「CFRPに興味のある初学者、オートクレーブを使った成形を体験してみたいという方々」

を主な対象とした 「CFRP成形セミナー<エントリークラス>」を開催致します。 

■日時 令和元年6月13日(木)〜6月14日(金)2日間
※6月13日(木) 13:00受付 13:30開始 / 6月14日(金)15:00終了予定
■場所 株式会社羽生田鉄工所(長野県長野市柳原2433番地) 4F視聴覚室
■参加費 38,000円(税別)
※6月13日 19:00〜懇親会・2000円程度の予定
■内容
●実習:単純な形状の成形をオートクレーブを使って行います。
・CFRP成形作業の初歩的な概要(講義も含む)
・CFRPプリプレグ・副資材の積層作業、バギング、オートクレーブによるキュア、取り出し
●講義:「CFRPって何?」から始まり、機械特性、積層構成の考え方、繊維と樹脂それぞれの特性、分析・評価までみっちり行います。
・CFRPの実体を捉える(「CFRPとはどういうものか」、という概論)
・CFRP成形手段(オートクレーブを含め、どのような設備があって、目的に応じてどう選んだら良いか)
・CFRPの特徴(積層設計の導入、機械的特性等の物性、用途と絡めて「なぜ採用されるか」など)
・CFRPの樹脂特性と繊維特性(熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂、PAN系とピッチ系、機械的、化学的な面を含めて)
-----------------------------------------------------------------------------------

詳細は弊社HPの問い合わせフォーム(http://www.hanyuda.co.jp/contact/contact.html)よりお問い合わせいただきますよう、宜しくお願い致します。

それでは、皆様のお越しをお待ちしております