クラッチドア式高圧殺菌釜・複合材料硬化成形用オートクレーブ・加圧処理装置・生産設備 OEM・カスタムメイド
株式会社 羽生田鉄工所

カテゴリー:「会社紹介」

台風19号による弊社の状況と防災

このたびの台風19号による被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く平常の生活に戻ることができますようお祈り申し上げます。

秋の行楽シーズン真っ只中の10月3連休を襲った台風19号「ハギビス」は、日本の各地に深い爪痕を残し、2週間が経った今も被災地では泥の掻き出しや片付け作業に追われています。

弊社の所在地:長野市では、千曲川の決壊・越水により広範囲で浸水被害を受けました。これは、全国ニュースで何度も放送されていましたので、皆さん既にご存知の通りです。

弊社は決壊場所から直線距離では2.2劼靴離れていないこともあり、多くの方からご心配をいただき、お電話等でたくさんのご連絡をいただきました。ありがとうございました。
会社前の道路は冠水し、駐車場も水に浸かった部分はありましたが、幸いにも社屋と工場は浸水を免れております。
通常通り営業しておりますので、お問い合わせなどは遠慮なくご連絡ください。



ちなみに、11月13日(日)はこんな感じでした。
会社前の道路

001

会社前の道路
002

工場横の道路
  これらの道路は、柳原北の信号から長野市民病院へ向かう通りです。

003

普段はほとんど水がない社屋前の用水路
  
やがてこの水も溢れて・・・

005

駐車場まで到達
006

ピーク時はもう少し水が増えたようですが、正午を境に引き始め、夕方には完全に引いたそうです(弊社社員談)。


結果的に会社は大丈夫でしたが、社員は数名が被災してしまいましたし、近隣住民の皆様、企業様には深刻な状況の方も多く、弊社としては全力で復旧のお手伝いをさせていただきたいと考えております。
先日も10名程で近隣のお客様の所へ片付けの応援に行って参りました。
人手が足りない時などは是非お声がけください。



長野市では今日10月25日現在、台風21号の影響により雨が降っています
大雨(土砂災害)と河川洪水の警戒警報も出ています
今のところ、警戒レベル3相当です。

即位礼正殿の儀で祝日となった10月22日も、雨で千曲川が増水したため支流の浅川流域で避難指示が出たばかり。
今朝も小学校のPTAメール配信システムから登下校時の警戒や子供たちの早めの帰宅を促す連絡がありました。落ち着かない日々です。

これ以上の被害なく、なんとか無事に雨雲が過ぎ去ってくれたらと願うばかりです。



今月最初の一週間は「全国労働衛生週間」でした。
弊社も期間中に「防災」をテーマに各部で話し合いましたが、実際に災害が起こってみると何もできないものですね

地震や火災の際の避難訓練を行っている企業は多いと思いますが、水防訓練はどうでしょう?長野リハビリセンター様のように日頃から水防訓練をされているところは少ないのではないでしょうか
今回は休日でしたし、夜間でもあったので、職場から避難ということはありませんでしたが、もしも日中だったらどうでしょうか?
いろいろなパターンを想像して、常日頃から「こういう時はこうする」と決めておくことも防災の一つだと思います



家庭でもそうですよね

個人的な話ですが、我が家は山側にあり、千曲川越水の直接的な被害はありませんでしたが、千曲川に流れることができなくなった支流が氾濫する可能性のある地域に住んでいます
また、近くには過去に地滑りが起こった山があります
スマホで河川水位と土砂災害警戒レベルを確認しながら避難準備をして、やはりいろいろなパターンを想像しました

 
,海寮遒溢れたらこの避難所へ行く
 
△海海播攤淑れが起こったら、こっちの避難所へ
 
F┐加戮譴燭2階で待機
 
げ箸睥されそうなら子供達にはプール用の浮き輪を付ける
  
(意味ないかもしれませんが・・・)
 
イ靴个蕕2階で暮らすことになっても良いように必要なものは2階へ上げる

しかし、実際に避難した近所の知人の話では、最も近い避難所から数か所先までは避難者が一杯で入れなかったそうです
いざ避難しようとしたときに避難所に入れなかったらどうするか、全く考えていませんでした

また、非常食や水道水以外の飲み物も、我が家にはほとんどないことがわかりました
水や麦茶は水道水を使用しています

普段、子供達にはカップラーメンを食べさせたくない(自分では会社のランチでしょっちゅう食べてますが)ので、家には置いていません
でもこのようなときは必要だと思いました
オール電化の我が家では普段は不要ですが、ガスコンロも必要ですね。

長野はこれまで台風とはほぼ無縁で、どんなに強力な台風でも日本アルプスを越えて直撃することはまずありません
今回も直撃ではありませんでしたし、風雨もそれほど強かったという印象はありませんでした。より上流で降った雨の量が相当多かったということになります

最初の越水が始まるまでは「長野は大丈夫」と安心しきっていました
本当に起こってみないと何をどう備えるべきかわからないものですが、油断せず、考えられる備えはできるだけしておきたいと思いました

皆さんも、今一度家庭の防災、会社の防災について見直してみてはいかがでしょうか。



最後になりますが改めて、被災者・被災地の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
現在も警戒警報が出ておりますが、皆さまの安全と、一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。



報告は、ブログは引退したと思っていましたが、総務部長よりご指名を受けましたので、営業部 広瀬でした

第31回 中小企業優秀新技術・新製品賞 優良賞 受賞!〜贈賞式〜

平成も残すところあと8日ですね。

昭和生まれ、平成育ち、働き盛りは令和で、リタイア後は何だろう??

先日ふと、4つか5つの元号を経験できる!と気付いた営業部の広瀬です。

こんにちは!

年齢がバレてしまうので、本題へ



前回のブログでもお知らせしましたが、弊社の新製品「航空機装備品用 防爆試験装置」が、公益財団法人りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社が共催する第31回中小企業優秀新技術・新製品賞で優良賞を受賞いたしました

防爆試験装置については前回のブログをご参照ください。
http://hanyuda.livedoor.biz/archives/2443402.html



 応募総数349件
 中小企業庁長官賞 1件
 優秀賞 11件
 優良賞 12件 ※羽生田鉄工所はココです!
 奨励賞 14件

開発段階では、FAA(米国連邦航空局)から委任された品質審査官(DER)の監修を受けながら進めたりと、初めての経験が多く苦労も多々ありました。

今回このような賞をいただけたことは、開発時の苦労が報われるようです。
※開発責任者である技術部長の気持ちを勝手に推察&代弁(笑)

防爆関連の専門家の方々にもたくさんのご指導を頂きました。

テストチャンバーでの爆発試験は爆轟を伴うため、近隣住民の皆さまのご理解を頂きながら開発を進めてきました。

地域の皆さまや多くの方の応援があってこそ頂けた賞と実感しております。

皆さま、本当にありがとうございました。

4月16日(火)に贈賞式があり、竹内専務が賞状を頂いてきましたので、受賞の様子はぜひ動画でご覧ください。


https://youtu.be/WOgQGMEWyZ0

立派なタテもいただきました。
IMG_3823

IMG_3821

この賞を励みに、今後もより良い製品作りに精進してまいります。

引き続き変わらぬご愛顧、何卒よろしくお願いいたします。

「中小企業優秀新技術・新製品賞」で「優良賞」を受賞しました!

こんにちは!営業部の広瀬です。


本日は、皆さまにビッグニュースをお届けいたします

 



4
月に入り、急に暖かくなったかと思えば冬に逆戻りで雪が降ったりと、なかなか安定しない天気が続いていますが、皆さまは体調など崩されていませんか?


長野市では
10日(水)に雪が降りましたが、今日は比較的暖かく、弊社の桜もだいぶ蕾が赤くなってきました。

もうすぐ開花です

なんだか気持ちもワクワクしてきます

 



そして、ワクワクするのは桜の開花だけではありません


なんと、昨年 南信州・飯田産業センター様に納入した航空機装備品用 防爆試験装置が、この度、第
31回「中小企業優秀新技術・新製品賞」にて「優良賞」を受賞いたしました


こちらのサイトに掲載されています

http://www.resona-fdn.or.jp/main/jigyou/shingijutu.html

 



日刊工業新聞で
4/9(火)に発表となりましたので、既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。


長野県のホームページにも載っていました

https://www.pref.nagano.lg.jp/mono/20190409yuuryousyou.html

 



こちらが防爆試験装置です

【元画像】メインチャンバー
【元画像】防爆試験装置
ところで、防爆試験装置ってなんぞや?って思いませんか?

航空機に装備される電動部品などは、爆発性ガスが充満しているところでも、ガスを誘爆しないで問題なく作動できることが求められます。

これを証明するための試験を行う装置が、弊社の防爆試験装置です。


なんと、民間航空機装備品用としては国内初の装置です。

今のところ国内メーカーに競合製品はありません。


昨年(
2018年)、国内唯一の航空機システム拠点「エス・バード」(南信州・飯田産業センター内工業技術試験研究所)に初号機を設置しました。

 



航空機は上空の高度
1万メートルを飛びますが、外気温は-50℃、気圧は地上の1/5になるそうです。

当然、装備される部品もこのような環境下での防爆性が求められます。


この装置では必要な温度や高度などの条件でガスを導入しテストしますが、すべての行程が自動で行えるようにプログラムされています。

この自動制御機能の搭載は、なんとびっくり世界初です。


他にも、大型サイレンサーを設置することで屋内で静かな運転が可能で、未燃焼のガスを処理する自動ガス処理装置やテスト中の画像分析ができるハイスピードカメラなども搭載されています。


もっと書きたいのですが書ききれないので、詳細は弊社のイプロスサイトでご確認ください

https://www.ipros.jp/product/detail/2000439528


 

「優良賞」受賞の贈賞式が4/16(火)に行われますので、当日の様子も羽生田ブログでアップできればなと思っています。

 



この装置は
FAA(米国連邦航空局)から委任された品質審査官(DER)の監修のもとで開発・製造・検収されたものであり、日本のメーカーとして米国の基準を満たしているものなので、既存設備の更新に加え、新規導入にも対応可能です。


航空機分野においては、油圧式が主流だったものが電動化していくという流れがあり、電動装備品の市場は広がっていくと予想されています。

そのような流れの中で、弊社の防爆試験装置が日本の航空機産業や信州の産業発展の一助となれば幸いです。

 

ほら、ワクワクしてきませんか (序盤のワクワクを無理やり回収します


ISO9001認証取得!!

 昨日12月2日に、今回受審したISO9001(2008年度版)の最終報告書が送付され、
数年来の念願だった「適合」が無事に認証されました。ヽ(^。^)ノ

 正直なところ、今さら感も否めないところですが、
130年の長き歴史とともに、身にまとってきた古い習慣や風潮を見直し、
次世代にあるべき会社の姿について社員一丸となって見つめ直す良い機会となりました。

 新年度がこの12月からスタートしましたが、
ISOもいよいよこれから本格的な運用が始まりますが、
CS(顧客満足)の達成を念頭に、PDCAサイクルを的確に回し、QCDの向上の促進を加速させていきたいと思います。(^_-)-☆


    三位一体 : 顧客満足 ⇔ 会社満足 ⇔ 私満足


                        ISO推進事務局(品質保証部) 永

中野立志舘にて講演を行いました

長野県産業教育研究会の進路研究会が11月24日(火)午後、中野立志舘高校において行われました。
弊社社長の羽生田豪太氏が「企業と高校の連携教育について」という演題で講演を行いました。
今回は商業科の先生が中心のセミナーでしたが、長らく機械部顧問の宮原先生と懇意にさせていただいている縁もあって、今回お引き受けすることとなりました。

私ども羽生田鉄工所は工場だけなら約1/3、事務所を含めても1/4位は立志舘(旧中野実業)の卒業生で占められております。
中でも機械科(系)の出身者は多く、宮原先生の教え子も沢山在職しております。

今回の講演は、羽生田ブログでもしばしばお伝えしていますが、
6年ほど前から立志舘の生徒さんが関東甲信越高校生溶接コンクールに出場することとなった折に、溶接指導をしてほしいという宮原先生の依頼を受け、
当時、技能五輪出場を控え溶接に燃えていた坂田亨君(卒業生)を派遣したことが始まりで、その後、現在まで連綿と続いている次第です。
成績の方も指導の甲斐あって徐々に上昇し
今回の第6回大会ではついに100点満点で小林君が最優秀賞に輝くといった快挙に結びつきました。
もちろん、弊社の側でもこうして溶接に目覚めた有望な若者が高い目標をもって当社を志望してくれるようになり、優勝した小林君も当社に入社してくれることとなりました。

長年続けてきた甲斐あって、現在ではwin-winの関係ともいうべき、非常に良好な関係性をもたせて頂いております。
そして、入社してくれた人が、次にまた指導に伺うといった素晴らしい循環ができたのです。

PB243004

PB243003

PB243002

やる気に満ちた生徒、情熱溢れる教師、そして受け入れ側の企業の度量、これらが相まって、非常に良い関係性が生まれていることなどを発表させていただきました。
今の時代、目的意識をはっきり持って入社してくれる若者がいることは、本当にありがたいことと思っております。
今後もぜひ継続していければと考えています。
Feed
記事検索
羽生田鉄工所のご紹介

dande2009