クラッチドア式高圧殺菌釜・複合材料硬化成形用オートクレーブ・加圧処理装置・生産設備 OEM・カスタムメイド
株式会社 羽生田鉄工所

カテゴリー:「会社紹介」

「中小企業優秀新技術・新製品賞」で「優良賞」を受賞しました!

こんにちは!営業部の広瀬です。


本日は、皆さまにビッグニュースをお届けいたします

 



4
月に入り、急に暖かくなったかと思えば冬に逆戻りで雪が降ったりと、なかなか安定しない天気が続いていますが、皆さまは体調など崩されていませんか?


長野市では
10日(水)に雪が降りましたが、今日は比較的暖かく、弊社の桜もだいぶ蕾が赤くなってきました。

もうすぐ開花です

なんだか気持ちもワクワクしてきます

 



そして、ワクワクするのは桜の開花だけではありません


なんと、昨年 南信州・飯田産業センター様に納入した航空機装備品用 防爆試験装置が、この度、第
31回「中小企業優秀新技術・新製品賞」にて「優良賞」を受賞いたしました


こちらのサイトに掲載されています

http://www.resona-fdn.or.jp/main/jigyou/shingijutu.html

 



日刊工業新聞で
4/9(火)に発表となりましたので、既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。


長野県のホームページにも載っていました

https://www.pref.nagano.lg.jp/mono/20190409yuuryousyou.html

 



こちらが防爆試験装置です

【元画像】メインチャンバー
【元画像】防爆試験装置
ところで、防爆試験装置ってなんぞや?って思いませんか?

航空機に装備される電動部品などは、爆発性ガスが充満しているところでも、ガスを誘爆しないで問題なく作動できることが求められます。

これを証明するための試験を行う装置が、弊社の防爆試験装置です。


なんと、民間航空機装備品用としては国内初の装置です。

今のところ国内メーカーに競合製品はありません。


昨年(
2018年)、国内唯一の航空機システム拠点「エス・バード」(南信州・飯田産業センター内工業技術試験研究所)に初号機を設置しました。

 



航空機は上空の高度
1万メートルを飛びますが、外気温は-50℃、気圧は地上の1/5になるそうです。

当然、装備される部品もこのような環境下での防爆性が求められます。


この装置では必要な温度や高度などの条件でガスを導入しテストしますが、すべての行程が自動で行えるようにプログラムされています。

この自動制御機能の搭載は、なんとびっくり世界初です。


他にも、大型サイレンサーを設置することで屋内で静かな運転が可能で、未燃焼のガスを処理する自動ガス処理装置やテスト中の画像分析ができるハイスピードカメラなども搭載されています。


もっと書きたいのですが書ききれないので、詳細は弊社のイプロスサイトでご確認ください

https://www.ipros.jp/product/detail/2000439528


 

「優良賞」受賞の贈賞式が4/16(火)に行われますので、当日の様子も羽生田ブログでアップできればなと思っています。

 



この装置は
FAA(米国連邦航空局)から委任された品質審査官(DER)の監修のもとで開発・製造・検収されたものであり、日本のメーカーとして米国の基準を満たしているものなので、既存設備の更新に加え、新規導入にも対応可能です。


航空機分野においては、油圧式が主流だったものが電動化していくという流れがあり、電動装備品の市場は広がっていくと予想されています。

そのような流れの中で、弊社の防爆試験装置が日本の航空機産業や信州の産業発展の一助となれば幸いです。

 

ほら、ワクワクしてきませんか (序盤のワクワクを無理やり回収します


CFRP成形セミナー<エントリークラス>を3月7日、8日で開催!

営業部の菅野(かんの)です。こんにちは。
本日は、先日開催しましたCFRP成形セミナーのご報告です。

弊社では、CFRPに興味のある初学者、オートクレーブを使った成形を体験したいという方々を主な対象とした「CFRP成形セミナー」を定期的に開催しております。
3月7日、8日に「CFRP成形セミナー<エントリークラス>」を長野県長野市の弊社本社ビルにて開催致しました。

当日は、日本全国からCFRP(炭素繊維強化プラスチック)のオートクレーブ成形に関心のある沢山のお客様にご来場いただきました。

<講義風景>

・CFRP成形作業の初歩的な概要の講義
々峙蘇景1


・CFRPプリプレグ、副資材の積層作業、バギングの実習
⊆遜風景2

実習風景3

ぜ遜風景4


・オートクレーブによるキュア(加熱硬化)、オートクレーブからの取り出し実習
ゥートクレーブ取り出し風景5

Εートクレーブ取り出し風景6
 


次回は 2019年6月上・中旬 に開催予定です!
詳細は改めて告知させていただきます!

また、オートクレーブや各種圧力容器導入のご相談に関しましては、随時受け付けておりますので、弊社ホームページのお問い合わせ欄、またはお電話(026-296-9221)にてお問い合わせ下さい。

ISO9001認証取得!!

 昨日12月2日に、今回受審したISO9001(2008年度版)の最終報告書が送付され、
数年来の念願だった「適合」が無事に認証されました。ヽ(^。^)ノ

 正直なところ、今さら感も否めないところですが、
130年の長き歴史とともに、身にまとってきた古い習慣や風潮を見直し、
次世代にあるべき会社の姿について社員一丸となって見つめ直す良い機会となりました。

 新年度がこの12月からスタートしましたが、
ISOもいよいよこれから本格的な運用が始まりますが、
CS(顧客満足)の達成を念頭に、PDCAサイクルを的確に回し、QCDの向上の促進を加速させていきたいと思います。(^_-)-☆


    三位一体 : 顧客満足 ⇔ 会社満足 ⇔ 私満足


                        ISO推進事務局(品質保証部) 永

中野立志舘にて講演を行いました

長野県産業教育研究会の進路研究会が11月24日(火)午後、中野立志舘高校において行われました。
弊社社長の羽生田豪太氏が「企業と高校の連携教育について」という演題で講演を行いました。
今回は商業科の先生が中心のセミナーでしたが、長らく機械部顧問の宮原先生と懇意にさせていただいている縁もあって、今回お引き受けすることとなりました。

私ども羽生田鉄工所は工場だけなら約1/3、事務所を含めても1/4位は立志舘(旧中野実業)の卒業生で占められております。
中でも機械科(系)の出身者は多く、宮原先生の教え子も沢山在職しております。

今回の講演は、羽生田ブログでもしばしばお伝えしていますが、
6年ほど前から立志舘の生徒さんが関東甲信越高校生溶接コンクールに出場することとなった折に、溶接指導をしてほしいという宮原先生の依頼を受け、
当時、技能五輪出場を控え溶接に燃えていた坂田亨君(卒業生)を派遣したことが始まりで、その後、現在まで連綿と続いている次第です。
成績の方も指導の甲斐あって徐々に上昇し
今回の第6回大会ではついに100点満点で小林君が最優秀賞に輝くといった快挙に結びつきました。
もちろん、弊社の側でもこうして溶接に目覚めた有望な若者が高い目標をもって当社を志望してくれるようになり、優勝した小林君も当社に入社してくれることとなりました。

長年続けてきた甲斐あって、現在ではwin-winの関係ともいうべき、非常に良好な関係性をもたせて頂いております。
そして、入社してくれた人が、次にまた指導に伺うといった素晴らしい循環ができたのです。

PB243004

PB243003

PB243002

やる気に満ちた生徒、情熱溢れる教師、そして受け入れ側の企業の度量、これらが相まって、非常に良い関係性が生まれていることなどを発表させていただきました。
今の時代、目的意識をはっきり持って入社してくれる若者がいることは、本当にありがたいことと思っております。
今後もぜひ継続していければと考えています。

〜 100年経営の会 〜

寒の戻りで、朝から小雪の舞う寒い寒い3月23日(月)に、
100年経営の会の皆様が弊社を訪問くださいました。

ここで、100年経営の会について少し説明をさせていただきますと、2011年に日刊工業新聞様により、日本に数多くある長寿企業がどのようにして数多くの危機を乗り越え成長してきたかを理論化して情報発信していこうという試みです。

日本には、創業100年以上の企業が20,000社以上あるそうですが、創業130年を超える弊社もその会の一端に加えていただいているわけです。
この度、その100年経営の会で長野市を訪問されることとなり、弊社にも企業見学ということで訪問いただきました。

御一行は、前日に来長され、今年御開帳を迎える善光寺の宿坊「淵之坊」さんへ宿泊されたとか。

当日は経済産業省の若手官僚の方も含め11名の方にお出でいただき、短い時間でしたが、当社を見学いただきました。
初めに北畑会長様(元経済産業事務次官)より、ご挨拶を頂戴し、
次に弊社羽生田社長より、社の歴史〜経営理念〜現在の取り組み内容〜今後の展望などについて説明させていただいたあと、
研究開発室の多田室長より、現在取り組んでいる内容等について紹介させていただきました。

この後、大変寒い中でしたが、第二工場〜第一工場と生産現場の状況を見学いただき、最後に意見交換させていただき貴重なアドバイスもいただいたりと大変有用な時間をいただきました。

P3232789

P3232798

P3232810

P3232814

P3232825


なお、この訪長は3月26日(木)の日刊工業新聞の紙面でも取り上げていただいております。




今日の視察で知己をいただきました会員企業の皆様、マスコミの皆様、経済産業省の皆様などと今後とも色々な場面で意見交換等させていただく機会があれば幸いであると考えております。
大変寒い中、ありがとうございました。

                                           (総務)

Feed
記事検索
羽生田鉄工所のご紹介

dande2009