クラッチドア式高圧殺菌釜・複合材料硬化成形用オートクレーブ・加圧処理装置・生産設備 OEM・カスタムメイド
株式会社 羽生田鉄工所

カテゴリー:「成形」

【はやぶさ2にも】しんえん2の成形について【負けてない】

またしても研究開発室の松峯です。
今回は,公表できる範囲で,「しんえん2」の 成形当時の様子をご紹介できたらと思います。

まず構体の成形に用いた装置が,おなじみのオートクレーブ銀次郎

銀次郎

 MAX400℃,1.6MPa(実績2.0MPa)の性能の高性能なオートクレーブです。しんえん2に使用された炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(CFRTP)は,PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)というスーパーエンジニアプラスチックをマトリクスに用いたもので,400℃近い成形温度と10気圧を超える加圧が必要です。
銀次郎はこれら条件を満たしていたため,今回のしんえん2構体成形に選ばれた訳です。

基本的にCFRPまたはCFRTPのオートクレーブ成形は,材料を真空袋に入れ加熱加圧により成形します。PEEKも例に漏れないのですが,400℃近い成形温度になると普通のナイロンバッグでは熱に耐えられないため,超耐熱の樹脂フィルムを代用しますが・・・・これらは伸縮性がなく非常に難しい!
しかもめちゃくちゃ高価です。つまり失敗すれば一瞬で数万円 が飛ぶわけでこちらも手が震えます。

 オートクレーブに向かって手を合わせるなんて経験,初めてしました。
なんやかんやで,成形した後の 写真がこちら!右が私で左が北山です。

DSC07703

 このCFRTP構体がしんえん2の皮となった訳です。
そして,しんえん2の内部構造を構築するための骨を担当したのが,当社の取引先の長野県の企業の蟷該蟾業所様。当社から奥山先生に紹介し,内部系統のケースを作って頂きました。

CIMG9882

そして,制御系統などの重要な内蔵を九州工業大学や鹿児島大学が作り,合わさった姿がこちら!

 WS000000
出典:読売オンライン(2014/10/18)

・・・・・・・・・
カーボンのくせに真っ白やんけ!
と思った方もいるとは思いますが中身はしっかり黒いんですよ。

時事ドットコム
                                                     出典:時事ドットコム(2014/9/20)

まぁ,色々な技術が集結し宇宙へ飛んでいったわけです。 しんえん2のアマチュア無線通信成功を知った時は,本当に涙がちょちょぎれました。

以上!宇宙へとびだせ!でお馴染みの羽生田鉄工所でした。 

【はやぶさ2相乗り】祝!しんえん2打ち上げ成功

研究開発室の松峯です.

皆さんもご存知かと思いますが,本日12月3日13時22分4秒に,JAXAのはやぶさ2を搭載したH-A ロケットが打ち上がりました!
私も仕事中でしたが,興奮しながらネット中継を見ていました.

H-A_26
                                                                                     出典(C):JAXA
はやぶさ2が打ち上がったことは大変喜ばしいですが,私達羽生田鉄工所の注目は,はやぶさ2と相乗りした「しんえん2」にありました。
何を隠そう,しんえん2の構体は,当社の研究開発用オートクレーブ「銀次郎」で成形したのです! 

しんえん2は,鹿児島大学と九州工業大学で共同開発された超小型宇宙探査機で,その構体は炭素繊維強化熱可塑性プラスチック(CFRTP)で成形されています。これまで,深宇宙でCFRTPを運用した例はなく,しんえん2が世界初となります。
そんな貴重な部分を,九州工業大学の奥山先生にまかせて頂きました。

 しんえん2構体改
                                     出典:奥山研究室HP

また,当社の取引先である蟷該蟾業所様を奥山先生に紹介し,同社にしんえん2の内部系統のケースを作って頂きました。

内部構造山崎工業所
               出典:奥山研究室HP

つまり,しんえんの皮と骨は長野県で製作されたわけです!今年2014年2月には,当社がCFRP外板パネルを担当した「ぎんれい」が打ち上げられましたが,当社が衛星に関わったのはこれで2件目となります。

既に,ぎんれいは大気圧に突入し燃えてしまいましたが,今後しんえんの動向を追っていければと思います。
やはり宇宙はワクワクしますね!
また,当社は宇宙関連だけでなく,どんどん新しいことに挑戦していければと考えています。もし当社のオートクレーブで成形してみたいものがあれば,お気軽にご相談ください!

実際に衛星を成形したオートクレーブで実験してみませんか?


Feed
記事検索
アーカイブ
羽生田鉄工所のご紹介

dande2009